スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Priority

阪神淡路大震災から15年が経ちました。
時間が経つのも早いものです。

巷では記念行事や、体験記など企画されて震災の記憶の風化を食い止めるべく企画されていました。
そんな時、ふと考えました。

避難って・・元気だから出来るのでは?

と、いうのもここ数日体調が良くありません。

丁度その時に震災関連の番組をよく見たり、読んだりしていたのでそんなことを考えました。

阪神大震災の時のように、早朝で家族が揃っている時ならまだ安心です。
これが昼間であればドコにいるのかわかりません。もし京都市内であれば自宅まで20㎞を歩く事で帰れます。
しかし体調が良くなかったら・・・20㎞歩くことが簡単には出来ないのではないでしょうか。
全ての計画は元気で体調万全が基本になってる・・・最悪の想定をしている人が何人いるのか考えてみる必要があると感じました。

また非常食についても考えました。
家族4人+U^ェ^U ワン!が2匹 
U^ェ^U ワン!はフードがあるので水の確保が必要です。
家族4人分の食料+水は相当量になります。

電気が止まれば冷蔵庫からクーラーに移しても1保って日~2日デス。
乾麺など作るにしても水とエネルギーは相当量必要です。
山メシで対応が理想的なのだろうと言うことで備蓄を考えています。
キャンプ道具があるので野外生活には心配していませんが、過信はよくありません。
最低限の装備はスグに出せて、使える状態にしていく事が大切ですね。

健康と、装備は絶えずベストの状態にしておく必要を感じました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お久しぶりです。 イヤ、ブログ移転後 初コメですよね? 申し訳ない…

あれから15年。
当日激しい揺れで目が覚めましたが、私はビリージョエルのライブに出かける予定で、ノー天気に過ごしていました。
そのころから あまりTVは見なかったので 惨状が理解できず…

実際、大阪城ホールまで行ってみたのですが、ライブは延期。

そのあと情報収集。 あまりの光景に言葉を失いました。


また あのような地震が起きたら…
帰宅難民という言葉もありますね。
元気でいないと家族のもとへ帰れない、家族の無事を確認できない。 

お互い元気でいましょう!

できることから・・・

ワタクシも、大震災から15年・・・って日記に書きました。
兵庫県民の端くれとして、やはり毎年、色々考えてしまいます。

以前、勤めていた会社では、会社から自宅まで、歩いて帰ってみよう、って企画がありました。
災害を想定してのことです。
そういう企画で、歩きやすい靴で、気合を入れて歩いても、泣きそうだったのです。。。。
もし、万が一の時は、本当に歩いて帰れるのか、不安になります~~。
でも、それでも、一度、実行してみる、ってのは重要だったと、今は思います。

とりとめもなく長文になってしまいスミマセン f(^ω^;;
ま、災害はいつくるか、わかりません。
できることから、少しでも、備えることができればいいなぁ・・・と思いました。

それと、体調が優れないとのことで、どうぞご無理なさらずに~~。

あの時私は独り暮らし・・・

おかげんいかがですか?
休める時には休んでくださいね~。
(私が言うようなことではないかもですが^^;)

元気だからこそできること。
確かにそうですよね。
病気であったり、怪我であったり、乳児であったり、お年寄りであったり。。。
「自分の身は自分で守る」
これが出来る人が備えをするのはもちろんですが、出来ない人がいることも忘れてはいけませんよね。

先日TVでやってました。
あの震災の時、小さなころからかわいがってくれてた近所のおばあちゃんの家に、若い兄弟二人がとんで入って間一髪で救出されたそうです。
普段のご近所づきあいなどから始まる「地域力」の大切さも改めて考えさせられました。

(^-^)/ドモ

【golfbakaさん】
イラッシャーイ (°ー°)ゞ ようこそお越し~

15年前はコンサートでしたか! σ(^_^)はその日、仕事でした。
職場にいくと引き出しが全部開いていました。
自宅では食器が何枚か割れている程度でしたが、まさか神戸があんな惨事になっているとは思って見なかったです。
ホントに地震時に体調わるかったりしたら、動けないし、何も出来ないと思います。普段でも健康が一番なのに災害時はもっと健康に留意しなくちゃならない・・・しかもいつ地震が起こるかわからないし・・・。
家族の為にも健康は絶えず気にかけていないとダメダと言うことですね(^_^;)

No title

【さなまるさん】
ありがとうございますペコリ(o_ _)o))
体調はほぼ戻ってきました(^_^;)

帰宅するのに20㎞あるくとなると大変でしょうね。靴も鞄も違うし、危険物も多いだろうし、(・・*)。。oO(想像中) ホントに歩けるんか?と考えてしまいます。いつ起きてもおかしくないのなら尚更注意しなくちゃいけませんし自分の安全、家族の安全がドコまで守られるかがポイントでしょうね。願わくば起こらないことが大前提です。

No title

【tetsuさん】
地域力もありますね。今では希薄になったと言われるご近所さんも災害時にはパワー復活出来ればと思います。若いときより高齢者になったときにどう対処できるか考えなくてはいけませんね。お世話になるのではなく、お世話できるようになりたいです。
その為には自分の安全確保を第一に考え、即応できるようになりたいです。
今の居住地は地域力あると思うので、あまり心配していません。問題は高齢化でしょうね・・・体力は付けて置かねばなりませぬ!

No title

こんにちは

月日が経つのは早いですね。
何かの経験、特に直接の体験ではないことへの心構えを長い間維持することはすごく困難だと思います。

私は自分のブログのサブタイトルのお陰で、多少は自分を戒める機会がありますが、それでも災害用のストックは減りがちです。

体調は年齢も関わって、いつまでも同じではありませんね。
できる限りの努力はして置きたいです。

(´ヘ`;) う~ん・・・

【ADIAさん】
明らかに体力、気力ともに年齢とともに落ちがちです。
おなじように維持することは難しいでしょう。そうなったとき、それに変わる何かが必要になるのでしょうね。それが何かはわかりませんが、先ずは体調維持は基本とするほかないでしょうね。
それ以外なら・・・(゜-゜;)ウーン なかなか重いテーマです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

コメントありがとうございます!
お時間かかってしまいましたが、震災の記憶は風化させてはいけませんね!いつどこで災害が待っているともわからないですからね!

ご無沙汰していますが・・・

お・め・で・と・う~♪

今、忙しいときだね
頑張って下さい。
我が家のお兄ちゃんは、無事に決めました。
秋から急な進展で柔道でご縁がありそちらへ通わせて戴けることになりました。
やれなんだかんだと、現地に伺うのに(と、言っても近いんですが、度々はしんどいです)右往左往・そこへあゆむの用事も入るので毎日追われています。

調度お話を戴いた頃から明けてもくれてもお兄ちゃんの話しやお兄ちゃんからみのお出かけにあむさんが、少し情緒不安定気味になったりもしましたが、今は落ち着き兄妹の仲が少しだけ深まったように思います。
あむさんも春からは、一人の行動時間が増えます。あむさんは、生まれたときからお兄ちゃんに守られてきたのでさてさて、心細いことでしょう^^
頑張れ!子ども達♪

sakiさん・・又、年とりましたね~(笑)

No title

ありがと~う♪
返信遅くなってごめんなさい<(_ _)>
何だかこちらも追われまくりで・・・・全く次から次へと色んな事が出てくるよ・・・・

ゆうとくん、決まったのね~
おめでとう!!!ウチもいよいよです。ここまで来たら後はもう体調管理のみかな?!
当日万全の体制で挑んで自分の力を全て出し切れる様に。。。
今は我が家でもオネエチャンが1番で、でもオトウトもそれはよく理解してる様でちょっと可哀想かな?!と思う時もあるけど仕方ないもんね。
早く決まって落ち着きたいよ。一気に4月になって欲しいです(笑)
グリムス
プロフィール

naru

Author:naru
晴耕雨読な生活を目指す写真好きなσ(^^) デス。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書カレンダー
Powered By 読書カレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。